日本通信「Platinum Data SIM for iPad」から「b-mobile SIM 高速定額」へ変更してみた

今回メインで使っている日本通信SIMのプランを変えたので、 その際に疑問に思ったことや、その後の使用感を記録する。

「Platinum Data SIM for iPad」とは

名前通りiPad用に出された、最近まで僕が使っていたプラン ちなみに僕はipad mini とXperia Aで使用していたが、 iPad以外でも使えるSIMである。

  • 月額2980円(税別)
  • 高速データ通信(LTE)が月10GB使用可能
  • 通話なし

Platinum Data SIM(プラチナ データ シム) | b-mobile

僕は通話をガラケーで行うので、 データ通信専用のSIMを使用している。 ネットでは結構叩かれている日本通信だが、 接続が極端に遅くなることもなく個人的には大満足のSIMだった。 そんな中、2014年12月8日にとんでもないSIMが誕生した。 それが「b-mobile SIM 高速定額」だ。

「b-mobile SIM 高速定額」とは

  • 月額1980円(税別)
  • 高速データ通信(LTE)が無制限で使用可能
  • 通話なし(プラス800円で音声付きプラン変更可)

b-mobile SIM 高速定額 | b-mobile
という全てにおいて「Platinum Data SIM for iPad」を 上回っているプランである。 これを出しておきながら未だに「Platinum Data SIM for iPad」を 残しておく理由がわからないほどのふざけた安さのSIMカードだ。

「Platinum Data SIM for iPad」を選ぶ理由はあるのか

「b-mobile SIM 高速定額」は完全上位互換なのかと気になり、プランが出た瞬間に日本通信に電話をしてみた。

すると

「Platinum Data SIM for iPad」の方が安定してデータ通信を行うことができる

と回答された。

同じ「Xi FOMAネットワーク」を使っていても、料金が高い分優先的に回線を割り振っているのだろうか。
どうにも比べにくい回答が返ってきた。

ただ10GB以上使うこともなかったので、その時はプラン変更しなかった。
ところが引っ越しにあたり、固定回線を使わずにテザリングでどこまでいけるのか気になり、無制限のプランに変えてみることにした。

プラン変更に際してもう一度日本通信に電話をしてみた。

前回の電話から五ヶ月ほど経っている。同じように2つのプランの違いを聞いてみた。

すると

「Platinum Data SIM for iPad」はiOS用の通信になっている

とのこと。

iOS用?

僕はデータ通信に疎いのでiOS用に最適化できるかは分からないがなんとも信じがたい。

現在iOSではなくアンドロイドで使用していると伝えると

iOS用の最適化が、アンドロイド端末での通信も良くしている可能性もある

とのこと。

うーん。

すくなくとも僕はもう「Platinum Data SIM for iPad」じゃなくていいや。
と感じプランを変更した。

ちなみに二週間ほど使って、家の中の全ネットワークを「b-mobile SIM 高速定額」のテザリングで使っているが、とても良好でストレスなく使えている。

結論

千円多く払って制限付きのSIM使うならすぐにでも「b-mobile SIM 高速定額」にプラン変更してよいのでは。

【5, 000円値引+月額300円キャンペーン中】 LINEモバイル格安SIMカード エントリーパッケージ ソフトバンク・ドコモ・au対応※データ通信(SMS機能無し)は使用できません[iPhone/Android共通] | 家電&カメラ オンライン通販【完全ガイドシリーズ230】SIMフリー完全ガイド (100%ムックシリーズ 完全ガイドシリーズ 230) | |本 | 通販 | Amazon電話はなぜつながるのか 知っておきたいNTT電話、IP電話、携帯電話の基礎知識 | 米田 正明 |本 | 通販 | Amazon

スポンサーリンク