お前のブログはお前のもんだー

久々になんとなく更新

ぜんぜんブログを書いてなくて、でも変わらず普段からいろいろ考えていて、まぁそうじゃないですか誰でも。んでそんなことを好き勝手書きなぐっていいんじゃね?俺のブログだしってそんな話


軽いこと・短いことならTwitterでいいんだけど、そうじゃないこともよく考えるわけよ。
そうなるとどこにも書き込まれずに忘却の彼方よね。
アウトプットの是非は置いといて、僕としてはそんな他愛のない思いを残していきたい。

そんなわけで、アウトプットの癖をしっかりつけたいなと思った最近この頃。

まずブログの更新のハードルを下げてみる作戦。

1.どんな内容でも書いていい
今までは面白いところ行ったら書こうとか、良いもの買ったら書こうとか、少しは思ってたり思ってなかったりだったが、これからは指の赴くままに好き勝手書いてみよう。尿切れ悪いとか、そのくらいの話題でも書いてみよう。

2.画像とか動画とか、めんどいときはなくていいよ
でかけた場所について書くとき、ちゃんと写真載っけなきゃと頑張ってたわけよ。多少は加工して、リサイズして、あとWYSIWYGで挿入すると勝手にaタグついてリンクになるのやだなとか考えたり考えなかったり、WordPressのiOSアプリから画像挿入するとプラグインでかけてるリサイズ効かないのかガッデムとか思ったり、まぁいろいろ。
そんなこんなは、あまり考えなくていいかなって思ったなりマル

3.「ブラウザに出力される見た目が同じならいいじゃん」じゃなくて、htmlってのは構造なんだよ!!!って考えはめんどいときは無視しちゃう
部屋でノートに書く日記の延長、ブログが流行った当初のブログ的な、自分本位なモノとして扱おうと考えてる僕としては、マークアップなにそれ美味しいのってときがあってもいいんじゃないのって。(必要ないと思ってないですよ。めちゃくちゃ大事ですよ。絶対すこし学んだ方がいいですよ)
だからこのリストもpタグ内に1.2.3.って打ってるぜ。見出しも使わずstrongだぜ

3.フィーリングに任せたいときは日本語なんて、you好きに使っちゃいよ!
もともと日本語上手じゃないし、うまい文章ってのは意識して書いていかないと身につかないけど、それに気を取られすぎてアウトプットの機会自体なくしてたら元も子もないぜ。
読みやすい文章の長さとか知らんがな。一文がひたすら長くてもその時頭に出てきたんだからそれでいいさ。句読点なくても途中全部ローマ字でも、ライブ感ってかっこよさげでバカっぽい響きの言葉だけを言い訳に頑張っていこうぜそこのお前!!!!
3でも書いたけど、人のためのブログならまだしも、自分のために書き残すんだから気にする余裕があるときだけ頑張ってみよう。
じゃあなんでサーバー借りて外に発信してんだよ!って話になるじゃないですか。それは外に出す出さないの極端な話でもない気がするから、頭の中でまとまって、しかも外に書き残したいって思ったときにでも書いてみよう。

よくわからんけどこの辺意識してみよう。
はいおわり。じゃあなみんな。

スポンサーリンク