Tumblrの使い方、何をすれば良いのか

f:id:digdig_o:20150707064501p:plain 少し前からTumblrを使っているが、い

少し前からTumblrを使っているが、いまいちピンとこない。
どこかハマれない。

よく聞くサービスだし一応アカウントは持っておくかくらいになっている。

使いこなしたらなんだかインターネッツが出来る人っぽい。

そう感じた僕がどう使えばよいのかを調べて記す。

Tumblrってなんだ

全く知らない人のために書くとTumblrってのはSNSだ

やれTwitter、やれFacebook、今は昔mixiのようなものよ。

私感では
ブログのTwitter

Twitterに比べて重さのあるコンテンツを投稿できる。
とてもTwitterライク。

まぁまずはTumblrのサイトに飛んでみよう。
Tumblrとは何かがバシッと書いてあるだろう。(以下Tumblrのキャプ画像)

f:id:digdig_o:20150707033452p:plain

そんなハードルの上げ方あるんだ。 難しいくらい簡単です。

f:id:digdig_o:20150707033624p:plain

あ、もうブログで良かったんだ。なんだよブログのTwitterって恥ずかしいな。

f:id:digdig_o:20150707033815p:plain

え!? なんでそんな分かってもらえている気になってるの!? 外国のサービスによくある潔い自信。 好感持てるわー。 なんとなくどんなもんかわかったところで

実際の使い方

アカウントを作る

まずアカウントがない人は作るところから。 https://www.tumblr.com/

f:id:digdig_o:20150707034502p:plain

  • メールアドレス
  • パスワード
  • ユーザー名

を入れて登録するだけ、どこもこんなもんね。

ログイン後のページ説明

f:id:digdig_o:20150707035151p:plain 実際初めてのログインだとチュートリアルが出てくるのかな? それ系を全飛ばししたならこの画面が現れるだろう。 おすすめブログがおんなのこのあしとかケツとか足フェチなのは気にしないで。 ここはダッシュボードと言われているらしいが 僕的にはTwitterのタイムラインだ。 ここにフォローしている人の投稿が時系列順で現れる。 見ていれば楽しい。そんなとこ。

右上の部分の説明

こんなんTwitterだと思えば簡単ですよ。 f:id:digdig_o:20150707040321p:plain ↑左から順に

  • ホーム
  • トレンド
  • メッセージ
  • 通知
  • プロフィールと設定
  • いまどうしてる?

ホーム

f:id:digdig_o:20150707040723p:plain

トレンド

f:id:digdig_o:20150707040801p:plain

メッセージ 通知

f:id:digdig_o:20150707040902p:plain

プロフィールと設定

f:id:digdig_o:20150707041012p:plain

今どうしてる?

f:id:digdig_o:20150707055905p:plain

ね?完璧Twitter(僕的な解釈ですよ)

ボタンの意味がわかったら

あとは面白そうなこと書いてる人、素敵な写真あげてる人、セクシー画像を捧げてくださる人なんかをフォローして、 ふぁぼったり(Tumblrではスキという) リツイートしたり(Tumblrではリブログという) すればOK そしてTumblrは自分の投稿や、リブログがブログ形式で残る。 デザインも変えられて凝った本格的なブログを作ることができる。 ちなみに例として僕のはこんなの 僕の場合はデザインもデフォルトからほぼイジっていないし、インスタと連携した投稿くらいしかないので、おしゃれな例にはならないが すごい人はすごいから探してほしい。 一応それっぽいまとめのリンクも貼っておく。 僕はリンク先見てないけどね。

もちろんモバイルでも

Android、iOSでももちろん純正アプリがあり、 純正以外でも画像に特化したものとかもろもろある。 ぜひ試してほしい。

結論

うまく使えばオシャレ感を出しながら情報生活をより豊かにできそうだ。 最後にもう一回今日のハイライトを f:id:digdig_o:20150707061541p:plain

おわり

Amazon.co.jp : サーモス 真空断熱タンブラー 420ml ステンレス JDE-420 : Amazon.co.jpホームDesigning Tumblr デザイニング・タンブラー | 古屋 蔵人, 高岡 謙太郎 |本 | 通販 | AmazonAmazon.co.jp: デジタル時代の基礎知識『SNSマーケティング』 「つながり」と「共感」で利益を生み出す新しいルール(MarkeZine BOOKS) eBook: 林 雅之: Amazon.co.jpホーム

スポンサーリンク