脱げる身体になるために筋トレを始めた

僕は引くほど細い。完全に体質であり生まれてから一度も太ったことがない。食が細いわけでもなく平均以上食べるが、それでも体重は50キロ〜55キロの間をさまよっている。ちなみに身長は176cmある。

そんな僕が身体のシルエットを自分好みにしたくて筋トレを始めた話。

なうの自分は自分的にどうなのよ

僕自身この身体をそこまで嫌っていない。着たい服が着れずに困ることもないし、スキニーパンツのようなラインがでる服を着るときも僕好みのルックスになっている。

だが、だからといって全くコンプレックスが無いわけではない。

水着になるのは恥ずかしいし、胸板はフルフラット。
骨は殴られたら折れるし、殴り返すときは振りかぶっただけで折れる。

それはつらい。

筋トレをする理由

そんなわけで多少は見れる身体になりたい。あと普通の筋力がほしい(バッティングセンターとか楽しみたい)
保温力もほしい(痩せてるからかめちゃくちゃ寒がり。求ム、ミートテック)

それと、このスタイルにさらにちょうどいい具合の筋肉が付けばいわゆる細マッチョ、痩せマッチョになれるのではないか。モテてしまうのではないか。そんな動機も9割程度だがある。

実際やってること

腕を広げた腕立て伏せと、実家から貰ってきてダンベルあげをひたすらやっている。
腕と胸に筋肉をつけたくてね。

部位によっての適切なトレーニングを知らないから、休日にでもしっかり調べようと思う。規定回数は設けず、腕が震えてあがらなくなるまでやっている。

そして襲いくる筋肉痛

実はまだ初めて四回しか筋トレを行っていない。初日は腕立てのみをやり、間一日開けて次にダンベルも使ってやった。

そしたら腕、胸、背中周りの筋肉痛がえげつなさ過ぎて日常に支障が出るほどだった。腕があがらない、シャンプーができない。本当にきつかった。

ググると筋トレ始めたての筋肉痛はキツイらしい。

これがトレーニングを続けていくとキツさが減っていくとか。ちなみに筋肉痛があろうがなかろうが連日同じ部位を鍛えるのは良くないらしい。

回復に2~3日かかるので(胸筋のようにサイズの大きい筋肉は時間がかかる)、その間は休ませたほうが良い。らしい。なぜか腹筋だけは回復が早く毎日やっても良いとか。腹筋すげぇな。

あと筋肉痛にはクエン酸がいいってよ。梅干しとかね。一番聞くのは黒酢らしい。

結論

今日もこの後やる気だが、まず元の贅肉がないのに筋肉はつくのだろうか。食べるのも筋トレと後輩に教えてもらったことがある。まずはそっからやってみようか。

無理しての増量も筋トレも人生で一度もやったことが無いんだし、経験だと思って自分の身体で実験してみよう。

Amazon.co.jp: 超筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超科学的な理由 eBook: Testosterone, 久保孝史, 福島モンタ: KindleストアAPPRETE プッシュアップバー 腕立て伏せ シットアップ 吸盤 筋肉トレーニング ダイエット 金属製 2個セット (グリーン) | APPRETE | プッシュアップバーダンベル何キロ持てる?(1) (裏少年サンデーコミックス) | サンドロビッチ・ヤバ子, MAAM | 少年マンガ | Kindleストア | Amazon

スポンサーリンク