盆踊りはとりあえず踊るべしと考える

f:id:digdig_o:20150809112621j:image

先日偶然お祭りに遭遇した。

新宿は花園神社のお祭りだ
そこで盆踊りを踊った話

踊る気なんてなかった

ラムネでも買うかと入ってみると、やぐらがあり盆踊りが行われていた。
やぐらの周りを囲うように大勢の人が踊り歩いている。
盆踊りなんてやったことないし、曲も踊りも知らなかったのだが、
一緒にいた人たちが踊ろうと言い出しアレヨアレヨと輪の中へ。

踊れる必要なんてない

踊れないこともあり最初は恥ずかしかったが、次第に恥ずかしがることが恥ずかしいと気付いてきた。
盆踊りを知る人も、明らかに今日来日したような外人も、一緒くたに踊っているのだ。
見よう見まねで手を動かしているうちに汗をかき、自分も輪の一員なのだと思える。

踊り自体は簡単

そしてできないのは最初のうちだけで、気付いたら踊れるようになっている。
振り付けがとても簡単で誰でも即脱初心者なのだ。
さすが歴史ある大衆文化だなぁと思わせる。

気付いたら楽しくなってくる

なにより楽しい!
これがほんとに驚いた。
簡単な踊り、スローなテンポ、普段聞く音楽とはかけ離れたリズム。
楽しさを見出せるのかと疑問を持ちながら飛び込んだが、余裕で見出せた。
知らない人たちと身体を動かす楽しさ
普段踊らない人がリズムに身をまかせる楽しさを、夏の風物詩が教えてくれた。

結論

Dancing 阿呆に Looking 阿呆♩
同じ阿呆なら
Dancing 阿呆!

スポンサーリンク