英語学習してる人、手段が目的になってない?途中すっ飛ばして友達になるのも楽しいよ

電車の中は英会話の広告で溢れているが、英語を使って何をしたいか、その目的はみなさん明確でしょうか。

僕自身は使える言語が増えると話せる相手が増えるから人生における「楽しい」も増える。という考えで英語できたらいいなと思っているが、そんなできなくても日本語使えない人と楽しく過ごせているからそこまでめちゃくちゃ英語を求めてもいない。不便を感じることはあるからできるなら習得したいけど。

もし僕と同じような目的の人がいたら、気づかぬうちに英語自体が目的になっていませんか?って話で、僕が提案するのはとりあえず英語圏の人と友達になっちゃえば?思ったよりなんとかなるかもしれないし、当初の目的の「楽しい」が増えて、副産物として英語学習の上達スピードも上がるし、モチベーション維持にもつながるよってことです。あくまで副産物ね。

まぁ僕は楽しいから友達になっているけど、無料の英会話だと考えて絡むのはどうなんだろうね。
「一緒に楽しい時間を過ごせているか」とか、そのへんはいろんな天秤つかって自分で判断してくれ。

話を戻すけどいきなり外国人と話せないし、まず会わないよって思う人も多いと思う。どこで友達作るんだっていうね。
でも、その機会は結構いろんなところに転がっていると思いまするよ。

ってことで最近あった出会いを書いていく。先に断っておくけど僕自身は相手がどこの人だろうと楽しそうなら仲良くなるし、英語習得に使ってやろうなんて気持ちで仲良くなってないからね。相手がスワヒリ語しか話せなくても声かけてるから。

最近の出会い

秋葉原での出会い

先日ウチにアメリカから来た友達が泊まった。普段は沖縄でソナー関係の業務をしているアメリカ海軍兵で去年出会った。秋葉原のゲーセンにある喫煙スペースで目が合って、「観光?」って聞いたら「そうだよ。このあとメイドカフェ行くんだ。どこか知ってる?」と言われたので「オススメあるけど一緒に行く?」という流れで一日過ごして仲良くなった。
今では彼が沖縄から東京に来るたびに遊んでいる。

池袋での出会い

池袋の公園で酔っぱらいのおじさんに絡まれて困った顔をしている外国人を
『僕が彼をもてなしますよ。』
と言ってカフェまで連れ出した。

彼はテレビクルーとして取材で日本に来ていたイタリア人だった。お互いの国の話や日本でオススメの場所を教えて、結局僕が奢ってもらって別れた。
来年 彼女を連れてまた来るらしく、一緒に食事でもしようと誘ってくれた。

近所のカフェでの出会い

広くはない個人経営のカフェにカフェのマスター、僕、外国人の彼しかいなかったので必然的に会話が生まれた。どこから来た人なのかは忘れた。

彼は幼稚園で英語の歌を歌いながら活動するミュージシャンだった。その日のうちにお互いの作った曲を送り合い、また今度カフェで音楽談義をする。

友達から友達が増える

先日沖縄から来た彼が泊まった日、明け方まで彼の友達も交えて飲んだ。彼は沖縄ではなく横須賀基地の海軍兵だ。

そんなわけで友達の作り方なんて蝶々追っかけてた小学生時代からかわらず何人かと仲良くなれば芋ずる式に雪だるま式に輪が広がっていくんじゃないかな。友達の友達は友達なんだから。

話せる必要はない

ちなみに僕、英語は全然話せない。大学受験が英語学習としては最後だ。
一人でアジアやヨーロッパを回ったことがあるから少しはできるのかもしれないが、英語力というより度胸が大事だと考えている。

話しかけちゃえば、口さえ開けちゃえば、中学英語と身振り手振りで伝わる。それでダメなら絵を描くなりGoogle先生を使えばいい。それでだめなら泣きながら帰ればいい。

日本人の友達をつくるよりもハードルが低い

これはテレビクルーのイタリア人が言っていたが、日本人とは友達になるのが難しいらしい。

目があって微笑み合ったり、何かの待ち時間に話し合ったりと、外国人たちの話しかけるハードルはめちゃくちゃ低い。
話しかけて相手の反応が薄かったら話すのを止めればいいだけだ。彼らは気にしないし恥ずかしいとも思っていない。

だから僕らが友達をつくりたいと思った時、道端の日本人に声をかけるよりは100倍楽なのだ。

僕は英会話のために友達をつくりたいわけではなく、自分の知らない文化圏の人と仲良くなりたいだけなのでどこの人でも構わない。ってか日本人でもいい。知らない人と話すことが好き。

結論

「楽しい」を増やしたいですーって人は街中の機会を逃さないように努めればいいと思います。
友達ができるのって楽しいね!

最後にちょっと大事なことを書くけど、友達作りを目的にするのも違うからね!それもまた手段が目的になってるよ。友達百人できるかなは、富士山の上でみんなでおにぎりを食べたら「楽しい」が100倍になる関係性だから意味があることであって、電話帳の数を増やすゲームじゃないからね。一人遊びを百倍楽しくするのも方向性としては同じよ。それも一つの選択肢だし、今回僕が書いた「楽しい」へのアプローチも一つの選択肢よ。

一ねんせいになったら (絵本のおもちゃばこ) | かべやふよう, まど・みちお |本 | 通販 | Amazon難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください! | スティーブ・ソレイシィ, 大橋弘祐 | 英語 | Kindleストア | Amazon学校では教えてくれない 楽しい人生をつくる教室 | 岩田 麻央 | 個人の成功論 | Kindleストア | Amazon

スポンサーリンク