世田谷区の招き猫天国を知ってます?豪徳寺に行ってみた。

今日は土曜日、妻に起こされた。
お出かけしたいらしい。

「よし、お出かけするか。」

そう思いあてもなく電車に乗ったらそこは招き猫天国だった。そんなお話。

ぶらり旅の始まり

とりあえず僕らは新宿に出てあてもなく小田急線に乗った。そこで聞こえたアナウンス「豪徳寺」
お寺感満載な響きに僕らはぶらり途中下車をした。

降り立ってすぐわかるいい街の雰囲気

降りて早々招き猫がお出迎えしてくれた

でかい(でかい)

良い感じの商店街と良い感じの住宅街が広がっていた。

いい感じの商店街

商店街

豪徳寺駅のすぐそばにあるのが東急世田谷線 山下駅。全面が広告になった車両が二両繋がって走っていた。
値段は一律150円、まるでバスだ。乗りたい気持ちを抑えながらも僕らはフラフラ歩いていく。

少し進むと電信柱に豪徳寺を示す猫が書かれていた。

頭に血がのぼる体勢

逆さ猫

当たり前だが駅名通りの寺があるらしい。

テンションのあがる小さな駅 宮の坂

さらに進むと世田谷線宮の坂駅が見えてくる。

宮の坂駅の看板

駅の看板

さっきの山下駅からもう一駅歩いた。
宮の坂駅には古い車両が置かれていて自由に入ることができる。

これテンション上がる

乗り込める電車

運転席にも座れる。

ココロオドル

運転席

車内の張り紙に「吊革が盗まれている」と書かれていた。ひどい奴がいるもんだ。

ついに到着 豪徳寺

宮の坂駅から少し歩くと豪徳寺に着いた。

大と山の間の漢字はなんて読むんですか

豪徳寺入り口

中に入ると東京にいながら静かで緑に溢れていた。心が洗われる。
奥に行くとやけに人が集まっている場所がある。近づいたらすぐにわかった招き猫だ。おびただしい量の招き猫が置かれている。
圧巻というか普通に笑ってしまった。

狂気じみた数

すごい数の招き猫

みんな驚きながら写真を撮っている。

膝に乗ってる猫は流石に不敬だろ

仏様の上に乗る招き猫

なんでもここ豪徳寺は招き猫発祥の地と言われているらしい。ちなみにここにいる招き猫は豪徳寺で買うことができ、大きさによって値段も違う。願い事が叶うとここに返しに来るんだとか。すごい数の願いを叶えてきたんだなぁ。

そして帰路

そこから僕らは小田急線経堂駅まで歩き、ピーコックの中にあるサンマルクカフェで一息ついた。

うまかった!

と思ったけどその横にカプチーノっていい雰囲気の喫茶店があった。そっちにすればよかった…。

いい雰囲気でしかない

いい雰囲気のカフェ

夜は家系ラーメンを食べて帰った。めでたし!

結論

なんかもうファンタジーだから招かれてなくても豪徳寺へ行こう!

Let’s豪徳寺!(1) (BE・LOVEコミックス) | 庄司陽子 | 女性マンガ | Kindleストア | Amazon世田谷ライフmagazine No.70(経堂・豪徳寺 梅ヶ丘 山下・宮の坂)[雑誌] | 企画部 | 料理・グルメ | Kindleストア | Amazonさんぽガール  まゆのんさん 豪徳寺編 | まゆのん, エバーグリーン | タレント写真集 | Kindleストア | Amazon

スポンサーリンク