FlashAirを買ってみた

僕の一眼レフカメラにWi-Fi機能はない。

一眼で撮った写真を出先で同行者やSNSに共有したいと思うことが増えたのってことで

Wi-Fi機能付きSDカードを買ってみた

そんなお話。

なぜFlashAirにしたか

この手のSDカードの有名どころといえばEye-FiとFlashAirだ。

僕は以前にも欲しくて調べたことがあるが、そのときはEye-Fi mobi というものが欲しかった。

たしかAmazonのほしい物リストにも入れた。

この2つの違いはざっくり言うと

Eye-Fi←一気に送るのに強い
FlashAir←一枚ずつ送るのに強い

こんな感じだ(個人的かつ一年以上前の印象だよ)

今回は気に入った写真をSNSにあげるなどがメインの使い方だったからFlashAirの方が適している。それと気づいたらEye-Fi の種類やグレードが変わって随分値上がりしてた。

僕が見たときはmobiっていう安いやつが2400円くらいで変えた気がしたんだけどなぁ。

ワイヤレスSDHCカード Eyefi Mobi (アイファイ モビ) 32GB Class10 WiFi内蔵 (最新パッケージ版): パソコン・周辺機器

実際使ってみて

実は僕のFlashAirが届く少し前から使ってたんだよね。

嫁が抜け駆けして一人で買っちゃってさ、それを結構借りてたんだ。

肝心の使った感じはかなり良い!

求めていた通りの機能だし、僕はiPhoneで使ってるけど専用アプリも悪くない。

失礼な話だけどTOSHIBAのアプリのUIなんて酷いんだろうなって勝手に思ってたけど、とっても使いやすいよ。

アプリの使い方やSSID、パスワードの変更もしたからいずれ書きたいな。

結論

普通のSDとしても問題なく使えるんだし、持ってない人には一つは持つことをオススメする。

すげー使いたくなる時がたまにあるから。

僕はしょっちゅう使ってるけど。

東芝 無線LAN搭載SDXCメモリカード 64GB Class10 UHS-1Flash Air SD-UWA064G | 東芝(TOSHIBA) | SDカード 通販Amazon.co.jp: ワイヤレスSDHCカード Eyefi Mobi Pro(アイファイ モビプロ) 32GB Class10 WiFi内蔵: パソコン・周辺機器100%ムックシリーズ Wi-Fiがまるごとわかる本 2020 (100%ムックシリーズ) | 晋遊舎 | 工学 | Kindleストア | Amazon

スポンサーリンク