オノ・ナツメのLA QUINTA CAMERA〜5番目の部屋〜を読んだ

先日病院に行くことがあった。

その待ち時間、暇になるだろうと家に積んであった未読本を持っていくことに。 今回手に取ったのはオノ・ナツメのLA QUINTA CAMERA〜5番目の部屋〜。それがまた面白くて感動しちまったぜってお話

この本のタイトルの読み方はラ・クインタ・カーメラ、意味はイタリア語で五番目の部屋。だと思う。

オノ・ナツメの本で買ったのは2冊目になる。
一冊目はこの記事参照

この物語の舞台はイタリアの中年男性四人が住むアパート。ここの5部屋目を留学生の下宿先として貸し出している。 部屋を借りる人ごとにストーリーがあり、また住んでいる四人にもひとりひとりストーリーがある。そしてそれぞれが一話完結形式で書かれている。

なぜオノ・ナツメはあんなにも、言わずとも伝わる信頼を書くのがうまいのだろうか、特に男同士の。 住人の一人であるルーカという笛吹きが恋をする話があるのだが、その最後なんて病院なのに泣きそうになってしまった。 僕的には誰にでもおすすめできる一冊だ。没入できる一冊完結の世界をどうか知ってくれい。

結論

今回のLA QUINTA CAMERAを読んでオノ・ナツメの作品を本格的に集めようと思った。まずは本の整理だ。

LA QUINTA CAMERA ~5番目の部屋~ (IKKI COMIX) | オノ・ナツメ | 青年マンガ | Kindleストア | AmazonDanza[ダンツァ](1) (モーニングコミックス) | オノ・ナツメ | 青年マンガ | Kindleストア | AmazonAmazon.co.jp: 山善 本棚 幅90.5×奥行29×高さ184cm 8段 棚板可動 巾木カット オープンラック 大容量 組立品 ジョイブラウン CPB-1890J(JB): ホーム&キッチン

スポンサーリンク