ガラケーがぶっ壊れましたの話

僕は通話とデータ通信で端末を分けている。

通話にはauのGRATINA(グラティナ)というガラケーを使用。毎月1026円で通話し放題、使わないけどワンセグも見放題というなかなか良い運用。

ところがこのグラティナ、突然壊れた。

グラティナ

そんなお話。

突然死

イヤスピーカーから音が鳴らず通話で相手の声が聞こえない。同じスピーカーじゃないのに着信音も、なんならカメラのシャッター音も聞こえない。

えー、、もう超ショックだよー。全然愛着ないけど必要のない出費がつらいよ。

中古の3G SIM対応のauガラケーを買うのもいいんだけど、せっかくなら他のことにも使えるような通話専用端末にしよう。
よし、iPhoneだ。

なぜiPhoneか

説明しよう!実はauのガラケーSIMはauのiPhone4sに入れて使うことができるのだ!!
5以降だとLTEのSIMじゃなきゃダメだし、4以前はauから発売されてないから4sだけが唯一無二、auガラケーSIM対応のiPhoneなのさ!きっと!!間違えてたら教えて!!

っつーわけでホームボタンのないジャンクのiPhone4sを4500円でポチる。部品取り用のiPhone4s持ってるから僕の場合 基盤が終わってなきゃ問題なし。
今は到着待ちさ。

二つの不安

ただこのやり方で今二つの不安がある。

一つ目、本当にSIMがささって無事に使えるの?

iOSのバージョン依存だったらどうしよう。SIMサイズ違くてもめんどうだし、ないとは思うけどいざ届いてSIMさして電波掴まなかったら凹むよ。

二つ目、パケット漏れ。

パケット漏れってのはモバイルデータ通信切って音声通話だけだと安心していると、再起動時とかにこっそりデータ通信されてて料金がかかりますよーってやつ。しかも漏れ出た分以外にauネット?とかいうので500円かかるらしい。

これはiPhone4sで普通に報告されてるから起こったら起こったで諦めるつもり。確か、気付かず通信しまくっても月の上限は2万円くらいだったはずだし。しょうがないさ。
この辺の把握が曖昧で申し訳ない。

期待してること

逆に期待しているガラケー以上のメリット、それはiPhone Cellular Callsという機能。

僕はガラケーとテザリング専門のポケットワイファイと化したXperiaをカバンに入れ、メインのiPhoneをポケットに入れて外出していた。
なので結構ガラケーの着信に気づけていなかった。

このガラケーがiPhone4sになることでiPhone Cellular Callsという機能が使える(と思う)。これは同じWiFi内でかつ、同じApple IDの全端末で電話の着信を受けることができるというもの。
だからメインのiPhoneで電話を受けられる。やったぜ!確かiOS8以降なら使えたはず。ハードにも依存するのかな、4Sいけるよね、信じてるよ。

結論

まとめると
ガラケー壊れたから音声通話の端末をiPhone4Sに進化させて、より快適にしちゃおうよ

ってことだと思うんだ。
間違いや、より良い案など何かあったら教えてください。
何卒 何卒

追記:iPhone届きました!

さらに追記:2020年6月現在ではいろんなデバイスを渡り歩いた結果Google Pixel 3なんだけどね

NichePhone-S(ニッチフォン-S)(ブラック) MOB-N17-01-BK | スマートフォン本体 通販GetNaviセレクション 俺たちのガラケーSpecial GetNavi特別編集 | GetNavi編集部 | 本・図書館 | Kindleストア | Amazonガラケーで撮影した感動の天体写真集!: ~ガラケープラネタリウム~東海エリアの星たちと夜景のハーモニー K’s Books | 春名 康平(吉橋 康司) | 宇宙学・天文学 | Kindleストア | Amazon

スポンサーリンク